読むだけで解る!儲かるチラシ・広告の作り方 VOL1

まだ、チラシで他と同様に「安いよ、いいモノですよ」ってやってますか?

89%の小売店が、このやり方でやっています。

もう、そんな言葉では全くインパクトがないのに・・・・・。

そして、その全部が全部「景気悪いよなぁ、何とかならない?チラシで一発当ててよ」なんて言ってきます。

 

お客様を集めるだけのチラシなら、智恵を絞れば難しくない。いや,むしろ至極簡単。

そんなの “皆さん安いですよ”をやめて、“小泉さん、 半額だよ”っと言えば,小泉さんは間違いなく 集る。「小泉さんが周りに少ない、そんなの意味が無い」って?

 

分かりました。じゃぁ、鈴木さん,佐藤さんでやればいい、(日本の苗字で多いのは佐藤さん、東京都に多いのは鈴木さん、鈴木さんと佐藤さんで1千万人を超える(正確じゃありません。

ちなみに世界で一番の多いのは「李(リー)。中国人の7.9%,それに韓国・北朝鮮の「李(イ)

を足すと」一億をはるかに」超える計算)

 

まだ、ダメですか?そんな事位じゃ?お客さんは来るわけないと思いますか?

 

ではもう一つ!

「来店して下さい。1000円あげる」って やったら。

今度は“お金だけ貰いに来る客ばかり、誰も買わない、お店が潰れちゃうって言いますか。

私もそうだと思います。

 

集めただけじゃお客さんは、財布の紐を緩めない。 モノは売れません。勿論、集めなけりゃ話にな りませんが、チラシは物を売るためじゃなく、お客さんを集める、地域最強の武器。受け皿がしっかりしてないと、せっかく智恵を絞ったチラシでお客さんを集めても、皆す通り。

 

ですから受け皿も「安いよ、いいモノだよ」レベル。ではダメなんです。

今のお客様は、安いのは当たり前、いいモノも当然。そんなふうに考えています。

むろん、安売りは、最大のサービス、何もしないより、やったほうがいいのは、決ってま

すが・・・・。

お客様は“タダであげます”と云ったってなかなか乗って来ないじゃありませんか。

受取るのは、武OOのポケットティッシュくらいなもの。それだって、年配のOOさんば

かりが何度も手を出して多めにもっていくくらいで、若い娘なんか避けて歩いている。

 

 

欲しいものには、惜しげもなくお金を払うが、欲しくなけりゃ、そっぽを向く。

時代は、バブルの時とは天地の差。昔のやり方では全然、通用しません。

私共の会員の中で結構儲かっているスーパーやレディースファッション、レストラン、通 販化粧品、エステサロン等を分析すると、みんな安売りだけをセースポイントにしていない。

次号に続けます。楽しみに!

 

 

お取扱商品


■ 印鑑

実印 ・ 銀行印 ・ 認印 ・ 訂正印 ・ 角印 ・ 役職印 ・ 割印 ・ 蔵書印 ・ 雅印 ・ 印鑑ケース ・ おしゃれはんこ ・ おしゃれすたんぷ

■ ゴム印

社判 ・ 氏名印 ・ 科目印 ・ 住所印 ・ データ印 ・ シャチハタ

何でもご相談ください


■ 印刷

チラシ ・ 名刺 ・ 封筒 ・ ハガキ ・ 挨拶状 ・ 会社案内 ・ パンフレット ・ リーフレット ・ フライヤー ・ ポスター ・ ショップカード ・ ポイントカード ・ 診察券 ・ メニュー ・ 伝票 ・ 看板 ・ のぼり ・ シール ・ ステッカー ・ カッティングシート ・ カレンダー ・ タオル ・ うちわ ・ コースター ・ はし袋 ・ ライター ・ マッチ ・ Tシャツ

■ その他

表札 ・ 社章 ・ 毛筆手書き ・ 賞状 ・ ハガキ ・ 宛名 ・ ネームプレート ・ ピンバッチ ・ ネームバッチ ・ 名刺ケース ・ ラミネート加工